お出かけが楽しくなる

この記事をシェアする
B!

動物柄は控えた方が良い

無地を選択すると失敗しない

動物の柄が入っている服は、組み合わせを考えるのが難しいです。
なるべく避けてください。
そのような服を着ていると、実年齢よりも上に見られてしまうことがあります。
シンプルな無地なら、組み合わせを失敗することはありません。
どの服を買えば良いのか迷ったら、模様が入っていないものを選択するのがおすすめです。

またフリルやレース、リボンが付いた服も避けてください。
それらは若い人に似合う服です。
高齢の人が着ると、変に若作りしていると思われてしまうでしょう。
無地の服なら、オシャレに慣れていない初心者でも簡単にコーディネートに含めることができます。
コーディネートを考えることに慣れてきたら、柄が入った服を選択しても良いでしょう。

片方にだけ柄を入れよう

トップスがボーダー柄で、ボトムスがチェック柄では変な組み合わせになってしまいます。
周囲から、センスの悪い人だと思われるでしょう。
柄を入れるのは構いませんが、トップスとボトムスの片方だけにしてください。
トップスをチェック柄にしたなら、無地のボトムスを着用しましょう。
その逆でも構いません。

コーディネートを考える時に、自分でポイントを決めてください。
するとどこに柄を入れれば良いのか、自分で判断できると思います。
色が地味なら柄が入っていても、派手に見えることはないでしょう。
太っていること気にしているなら、ストライプ柄を選択するのが良い方法です。
するとスマートに見えるので、オシャレになりつつ悩みを解決できます。