老いてもオシャレにいたい!ファッションのポイントとは?

お出かけが楽しくなる

コーディネートを自分で決める

昔に比べて、ピンクや濃い黄色などが似合わなくなってしまいます。 派手な色は控えて、地味な色を選択するように意識してください。 同じデザインでも、色が異なると印象も変わります。 シンプルなコーディネートを意識することで、周囲から良い印象を受けるでしょう。

地味な色が似合う年齢

年齢を重ねると、適当に服を組み合わせて着ている人がいるのではないでしょうか。
しかしそれでは、オシャレではありません。
年齢が上だからと、オシャレを諦めないでください。
高齢になっても、まだオシャレなファッションを楽しむことができます。
意識するポイントは、服の色です。
若い時は派手な色が似合ったかもしれませんが、年齢を重ねるに連れてそのような服が似合わなくなっていきます。
高齢になったら、ボルドーやネイビーなど地味な色が似合うので持っていない人は購入してください。

また、柄も注意が必要です。
ヒョウやトラの柄は、より高齢に見えるので避けてください。
何を選択すれば良いのかわからなかったら、シンプルな無地を着るのが良いですね。
それなら変に見えることはありません。
柄を入れる際は、トップスだけかボトムスだけにしてください。
両方に柄を入れると、滅茶苦茶なコーディネートになってしまいます。
コーディネートの、ポイント決めてください。

体型が崩れてきたことを気にして、大きいサイズの服ばかり着ている人が見られます。
しかし大きいサイズの服は、余計にスタイルを悪くさせると覚えておきましょう。
体型を隠しつつスタイルを良く見せるためには、ウエストにベルトを巻くのが良い方法です。
すると引き締まった体型に見えるでしょう。
コーディネートに何か足りないと思ったら、帽子などの小物を追加すると良いですね。
服に合わせて、帽子を選んでください。

動物柄は控えた方が良い

ヒョウ柄などは、年齢を上に見せる可能性があります。 派手に見えるので、そのような柄は避けてください。 シンプルに見せることを第一に考えるので、無地でも良いと思います。 柄を入れる際は、トップスかボトムスか選んでください。 片方にだけ柄を入れるなら、変に見えません。

足りない時は小物をプラス

服を着てみたけれど、物足りないと感じる時があると思います。 その場合は、ベルトや帽子などの小物を追加してください。 小物も他人から見られる部分なので、気を抜かないで選択しましょう。 コーディネートの一部だと考えてください。 服に合う小物を選ぶと良いですね。